コラム・お知らせ

背景
ハンバーガーメニュOPEN
お問い合わせ

コラム・お知らせ

背景

葬儀費用を分割払い!「 葬儀ローン」のメリットとデメリット

2024/03/31
喪主/ご遺族様


はじめに

お葬式はどんな人でも避けては通れないものです。


自身のはもちろん、親や配偶者などの家族…。


あまり日々の生活の中で葬儀について考えたくない思いもあるでしょうし、健康であれば意識していない方も多いのではないでしょうか。


しかし、葬儀は平均150万円程度かかるので、「葬儀費用」については現実的に考えておく必要があります。(通夜、葬式、告別式、火葬の合算)


突然の家族の訃報に、まとまったお金を用意できないケースでお困りの家庭も少なくありません。


これは、もちろんプランや弔問客の規模によって大きく異なりますが、葬儀にかかる費用は、お葬式の代表的な悩み事の一つなのです。


今回のコラムでは、「急な訃報…でもまとまったお金がない」そんな場合に役立つ、葬儀ローンについて解説していきます。


自分や家族のお葬式の費用について不安がある方や、葬儀ローンに興味のある方はぜひご一読ください。


 



葬儀ローンとは

葬儀ローンとは、葬儀費用を分割払いできる金融サービスで、現金やクレジットカードでの支払いが難しい場合に利用できるローンです


これは、金融機関や葬儀会社と信用販売会社が提携したローンのサービスで、分割で葬儀費用の支払いが可能になります。


一般的に、葬儀費用は当日~葬儀後7日~10日のうちに現金で支払うことが多いのですが、ローンを利用することで分割払いが可能になるので、手元にまとまったお金がない場合でもしっかりとしたお葬式をあげることができます。


分割の回数は1~36回まで選べるのものが一般的です。


しかし、クレジットカードの分割払いと同じく、分割時の利息が発生するため、利用する際には返済計画も含めた慎重な検討が必要です。


また、葬儀ローンの申し込みには審査がありますので、必ずすべての人が利用できるというわけではありません


一般的に葬儀ローンの審査にはあまり日数はかかりません。


即日審査が可能なところもありますので、詳しくは葬儀会社など専門家に相談するといいでしょう。


また、葬儀では僧侶への御布施や戒名料などは現金で支払う必要があります。


こういった宗教者への費用はローンに組み込むことはできないので注意が必要です。


葬儀ローンのメリット



  • ・一時的な現金負担を軽減できる

  • 葬儀にかかる費用が高額な場合、一括での支払いが家計を圧迫することもあります。

  • 葬儀ローンを利用すれば、個々の家庭の状況に合わせて月々の支払い金額を決めることができるので、日々の生活の負担を減らすことができます。

  •  

  • ・金利手数料を抑えられる商品もある

  • 葬儀ローンには、金利手数料が無料の商品や、通常のローンに比べて金利の低い商品もあります。金利手数料を抑えることで、返済負担を軽減できます。

  •  

  • ・利用限度額が高く設定されていることが多い

  • 葬儀ローンは、他のローンと比べて利用限度額が高く設定されていることが多く、高額な葬儀費用にも対応できます。

  •  

  • ・葬儀費用以外の用途にも使える

  • 葬儀ローンの中には、墓石代や仏壇代など、葬儀費用以外の用途にも使えるものがあります。

  •  

  • ・審査基準が比較的緩やか

  • 葬儀ローンは、他のローン商品と比べて審査基準が比較的緩やかです。パートやアルバイトの方でも、審査に通る可能性があります。

  •  

  • ・手続きが簡単

  • 葬儀会社と提携している金融機関の葬儀ローンであれば、葬儀社で申し込み手続きを行うことができ、手続きが簡単です。

  • 多忙な方でも安心して申し込みできます。

  •  

  • ・税制上の優遇措置を受けられる場合がある

  • 葬儀費用は、生命保険金や損害保険金と同様に、相続税の非課税財産として扱われる場合があります。


葬儀ローンのデメリット


  • 金利が発生する

  • どの葬儀ローンも利息が発生するので、借りた金額よりも返済金額は高くなります。

  • 利息のパーセンテージは銀行や信託会社、クレジットカード会社によって異なりますので、利息が総額いくらになるのかは、契約時にしっかり確認しましょう。

  •  

  • ・審査がある

  • 葬儀ローンの申し込みには必ず審査がありますので、必ずすべての人が利用できるというわけではありません。

  • 申込者情報(家族構成、勤め先、勤続年数、年収など)から支払い能力があるかを審査します。

  • 審査には即日~数日かかります。

  • また、それに合わせて返済計画を立てておく必要があります。

  •  

  • ・融資までに時間がかかる場合がある

  • 審査合格から融資までに時間がかかる場合もあります。

  • 事前に実際の融資までの日数を確認しておくとよいでしょう。


契約時に確認すべき注意点

葬儀ローンは、一時的な現金負担を軽減できるなど多くのメリットのある便利なサービスですが、金利が発生することや返済計画が必要となることなどのデメリットもあります。


葬儀は、悲しみの中で行われるものです。


冷静な判断は難しい状況だと思いますが、専門家や家族や親族などに相談し、「ローンの契約が必要かどうか」「必要ならどの商品にするか」を冷静に判断することが大切です。


契約前に注意しなくてはいけないポイントをいくつか紹介します。


以下の項目を参考に、慎重に検討してみてください。



1. 金利手数料



  • 葬儀ローンには、金利手数料がかならず発生します。

  • 金利手数料は、商品によって異なりますが、一般的には年利5%~18%程度です。


2. 返済期間



  • 返済期間は、借りる金額や分割回数によって異なりますが、一般的には1~10年程度です。

  • 返済期間が長くなるほど、金利手数料が高くなりますので、自分の返済能力に合わせて返済期間を選択しましょう。


3. 繰り上げ返済可能か



  • 繰り上げ返済は、借入金の残りの一部または全部を、契約期間内に返済することです。金利手数料が減らせるので、繰り上げ返済が可能か確認しておきましょう。


4. 保証人の必要性



  • 保証人の必要かどうかは、商品によって異なり、保証人を立てる必要がない商品もあります。

  • 収入が少ない方や信用情報に傷がある方は、保証人を求められる場合があります。


5. 葬儀会社の提携



  • 葬儀ローンの中には、葬儀会社と提携している商品があり、それを利用すれば支払いの手続き等をスムーズに進めることができます。


6. 専門家に相談する



  • 葬儀ローンについて不安な場合は、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することをおすすめします。


7. 疑問点は解消する



  • 契約前に、金利手数料や返済期間、繰り上げ返済可能か、保証人の必要性など、疑問点はすべて解消しておきましょう。


 


◇◇◇ 葬儀ローンを契約することが決まったら ◇◇◇


葬儀ローンの申し込みの時までに、以下の書類を用意しましょう。



  • ・本人確認書類

  • ・収入証明書類

  • ・住民票

  • ・印鑑


 


葬儀費用について詳しく知りたい方はこちらをご一読ください▷▷▷「お葬式費用の支払い方法」


まとめ

葬儀ローンは、一時的な現金負担を軽減できるなど多くのメリットがある便利なサービスですが、金利が発生することや返済計画が必要となることなどのデメリットもあります。


契約前にメリットとデメリットをよく理解し、慎重に検討した上で上手に活用しましょう。


また、複数の葬儀ローンの商品を比較検討し、金利手数料や返済期間、繰り上げ返済可能か、保証人の必要性などを比較することも重要です。


新着記事

CATEGORY

おすすめ記事

お問い合わせ

CONTACT

24時間365日対応

通話料無料